債務整理に必要とされる費用について

債務整理は、弁護士や司法書士などに依頼をして借金を整理して貰うケースが多いと言えますが、弁護士や司法書士などに依頼をすることで報酬を支払うことになります。
弁護士や司法書士に支払う報酬というのは、着手金、基本報酬、減額報酬、過払い報酬と言った費用が必要になります。


これらの費用について簡単に説明をしておきましょう。

着手金というのは、弁護士や司法書士に対して、債務整理を依頼するのに必要なお金です。

着手金は、弁護士や司法書士の事務所により様々です。

知って大満足の過払いについて知りたいならこちらです。

安いところもあれば高いところもありますので、依頼をする場合は、この費用などを比較することが大切です。基本報酬と言うのは、債務整理を行う上で、必要とされるお金であり、基本料金となる部分です。


尚、基本報酬などは、分割払いで支払いを行える弁護士事務所などが多いのが特徴と言えます。



また、基本報酬も、先ほどの着手金と同じく、事務所により安いところがあれば、高いところもありますので、事務所の費用を比較しておくことは大切です。
減額報酬は、実際にどれだけ減額をすることが出来たのかにより金額は変わりますし、過払い報酬についても、どれだけ過払い金が発生していたかにより、金額は変わって来ます。

減額報酬の相場は、一般的には5%~10%、過払い金の報酬に関しては、過払い金返還請求が出来た額面の20%などが相場であると言われています。


弁護士や司法書士などに依頼をする場合は、これらの報酬を比較して決めることがポイントとなります。